ご法事について

法要とは・・・

ご葬儀から四十九日までの中陰(四十九日で満中陰)、四十九日以降百ヵ日・一周忌・初盆までの期間、そして三回忌以降の法要があります。では、なぜ法要は、営まれるのでしょうか。その根本は、追善供養という考え方です。亡くなられた方に対して香・華・灯や飲食(おんじき)をささげて、冥界の故人を助け、成仏するためにおこなわれるのが供養で、残された者が故人の善を補うことに他ならないのではないでしょうか。

尚、浄土真宗では追善供養は行いません。故人は、阿弥陀如来の本願により往生(成仏)しているからです。

※ご宗旨・地域によって異なりますので、ご注意ください。

祥月命日(しょうつきめいにち)

故人の命日には法要を行います。命日は祥月命日と月忌(がっき)があり、祥月命日は故人の亡くなった月日がそれにあたり、月忌は亡くなった日がそれにあたります。

月参り(月命日)

故人の月忌に合わせてお寺様に来て頂くことを月参り(つきまいり)と呼びます。月参りの習慣は浄土真宗や西日本で多いようです。

四十九日までの法要・・・

【葬儀後の法要】

初七日

葬儀後に祭壇を設えて、戒名紙を貼った白木位牌、遺骨、遺影をご安置し初七日法要を営みます。亡くなった日を入れて7日目(関東では死亡日当日から数え、関西では死亡前日から数えることがあります)の初7日が最初の追善供養となりますが、実際には初七日は葬儀から3・4日後にあたるため、遠方から来て頂いた方のことなども考慮して、葬儀の日、還骨回向の法要と合わせて行なうことが多いようです。

ご葬儀から祭壇に安置してきた白木のお位牌については、四十九日までに塗りの本位牌にあらため、四十九日の忌明けからは本位牌をお仏壇にご安置し、ご寺院様にお経を上げていただきます。

真宗の場合は、法名軸や過去帳に法名を記すのが一般的です。

逮夜(たいや)

臨終から7日毎に法要が行われますが、その法要の前夜を逮夜と呼びます。逮夜とは元来「次の日に及ぶ夜」という言葉で、かつては夜通し故人のために追善供養を行った習慣があったことの名残とも言われれています。

※関西では、臨終の前日から数えて6日目の夜のことを逮夜と呼ぶ場合もあります。

初七日法要前後に行うこと

参会者、弔電・供花供物をいただいた方へのお礼は礼状や電話により初七日前後までに終わらせる様ようにしたいものです。

葬儀の連絡をできなかった方へもこの間に連絡するとよいでしょう。

挨拶回りの際は、黒服もしくはグレーや紺などの地味な服装にしましょう。

四十九日(七七日)法要

満中陰と呼び、この日が忌明けの日となるために四十九日(七七日)法要を忌明け法要とも言います。四十九日(七七日)法要は忌明けを迎えるための重要な法要です。

遺骨の埋葬もこの日に行う場合が多いようです。

墓地がなく、お寺や納骨堂に一時的に預ける場合にも、この日に納骨されてはいかがでしょうか。

一般的には、法要後にお斎(おとき)すなわち忌明けの席を設け、飲食を参会者とともに行います。

四十九日法要後は、中陰壇を片付け、お仏壇に故人様の本位牌をご安置します。

形見分け

この四十九日の忌明け後に、関係者の方への挨拶・お礼や香典返しを行い、形見分けも四十九日前後をもって行うのが一般的です。

法要(法事)についてをご紹介していきます。